【まとめ】Kuromatsuの会社概要、国、ドライバー、工具類のレビュー、口コミ

【まとめ】Kuromatsuの会社概要、国、ドライバー、工具類のレビュー、口コミドライバー
きにねこ
きにねこ

Kuromatsuの電動ドライバーが高コスパと話題。確かにAmazon電動ドリルドライバー売れ筋ランキングにもランクインするレベルで売れています。そんなKuromatsuはどこの国のどんな会社が作っているのか?また電動ドライバーのレビューや口コミ情報をまとめました。

Kuromatsuの会社概要、国、公式サイト

項目内容
製造会社義烏寧創電子商務有限公司
宁波纯度工具有限公司
住所浙江省镇海区蛟川街道俞范东路1118号
設立2015年5月21日
中国
事業内容電動工具、空気圧工具、ハードウェア付属品、プラスチック製品、
機械設備、機械付属品、金属製品の製造、加工、卸売、小売、
日用品、事務用品、電子製品、プラスチック製品、輸出入
公式サイト無し
Kuromatsuの会社概要、国、公式サイトまとめ

Kuromatsuは中国製造の工具ブランド。

きにねこ
きにねこ

中国製造の工具というと、金属が弱くてすぐにヘタったり、パワーが無くてネジが締めきれない。というイメージを持つ人も多い。本当に使えるのか?しっかり見極めていきましょう。ちなみに電動工具大手のマキタの中国で製造してるし、中国製=粗悪品というのはNGですよ。

Kuromatsuの電動ドライバーのレビュー、口コミまとめ

Amazon電動ドリルドライバー売れ筋ランキングにもランクインしている Kuromatsuの電動ドライバーはこちら。

  • 3千円以下と安いのにマイナス、プラス、ドリル、六角など先端ビットが44種類も付属。
  • トルク調整可能だから仮止め、本締め、場面に合わせて使いやすい。
  • 時計回り/反時計回りへの切り替えスイッチ、LED証明付きで暗所作業も快適
きにねこ
きにねこ

値段が安い割に、様々な用途に使え、締め付け強さも使い勝手も十分。普通の手締め用ドライバーしか持っていないなら、これはオススメ。電動ドライバーなら作業の時短になるし、疲れにくいし超快適。

実際、Kuromatsuの電動ドライバーって信頼できるのか?どんな評判や口コミが多いのか、リアルな情報をYoutubeやTwitterなどから紹介。

小型電動ドライバー KUROMATSU

Amazonベストセラー1位のKuromatsu 電動ドライバー

きにねこ
きにねこ

値段の割にケースもしっかり。44個のビットも綺麗に収納されています。本職の人が使う工具と比べれば軸が少しブレていたりと完璧な仕上がりではないものの、3,000円以下という値段を考えれば十分。自宅での工具作業、DIY作業なら十分活躍するレベル。

次にツイッターでの評判をチェック。

きにねこ
きにねこ

Twitterでもkuromatsuの電動ドライバーを使っている人は多く見かけます。ネガティブレビューも無く、普通に使える工具とのことで評判は上々。

Kuromatsu電動ドライバーは買ってもOK

Amazon電動ドリルドライバー売れ筋ランキングにもランクインしている Kuromatsuの電動ドライバーはこちら。

  • 3千円以下と安いのにマイナス、プラス、ドリル、六角など先端ビットが28種類も付属。
  • トルク調整可能だから仮止め、本締め、場面に合わせて使いやすい。
  • 時計回り/反時計回りへの切り替えスイッチ、LED証明付きで暗所作業も快適
きにねこ
きにねこ

値段が安い割に、様々な用途に使え、締め付け強さも使い勝手も十分。普通の手締め用ドライバーしか持っていないなら、これはオススメ。電動ドライバーなら作業の時短になるし、疲れにくいし超快適。

タイトルとURLをコピーしました