【日本】豆乳メーカーSOYMILが優秀。おすすめしたい理由とは?

5.0

※記事中広告有り

【日本】豆乳メーカーSOYMILが優秀。おすすめしたい理由とは?メーカー
きにねこ
きにねこ

「出来立ての美味しい豆乳を自宅で飲めたら良いのに・・。なんか良い方法あるのかな?」と、そんな方におすすめなのが豆乳メーカー。水と大豆を入れてボタンを押すだけで豆乳が作れちゃう優れたアイテム。色んな豆乳メーカーがあるけど、私はSOUMIL(ソイミル)という豆乳メーカーを愛用中。豆乳メーカー選びに迷っている人はぜひ参考にして欲しいにゃ。では早速!

豆乳メーカーがあれば出来立て豆乳、豆乳アレンジレシピが作り放題

ミキサーや鍋で豆乳を作るのってかなり手間ですよね。

  • 乾燥大豆を水に10時間以上漬ける
  • ミキサーなどで水を足しつつ攪拌
  • 攪拌した大豆を鍋に移す。まぜながら弱火で10分以上加熱
  • さらしなどで絞る。

下準備も時間がかかるし、鍋で加熱中は焦がさないよう鍋に付きっきり。洗い物は多いし、片づけも大変。豆乳を自宅で作るのって結構疲れるんですよね。

そんなときに持ってると嬉しいのが豆乳メーカー。乾燥大豆を中に入れ、水を入れ、ボタンを押して約30分放置。事前準備無しですぐに豆乳ができちゃう優れもの

大豆を入れて
水を入れて
ボタンを押すだけ

豆乳メーカーを使って、作れた出来立て豆乳がこちら。

きにねこ
きにねこ

蓋を開けた時の湯気の立ち上がり。まさに出来立て作り立てって感じですよね。乾燥大豆と水さえあれば簡単に豆乳が作れちゃうってほんと凄いにゃ。

大豆がまるごと入った豆乳だから栄養満点。出来立てならではの風味と香りも味わえちゃう一杯。

豆乳メーカーから直接カップへ
湯気立ちのぼる。出来立て、作り立ての香る豆乳

そのまま飲んでももちろん美味しいんだけど、豆乳を使ったアレンジ料理にも大活躍。

豆乳メーカーで豆乳を作ってる間に、豚肉を豆板醤、テンメンジャン、しょうが、醤油、砂糖で炒めて肉そぼろを作り。長ネギを千切りにしておく。

できた豆乳を鍋に移し、練りごまと顆粒チキンスープで味を整える。

豆乳ができる間に肉そぼろと長ネギの千切りを作る
出来た豆乳を鍋に移して味を微調整

最後に湯がいた素麺と一緒に盛り付ければ・・・!素麺を使ったヘルシー豆乳担々麺の完成!

素麺を使ったヘルシー豆乳担々麺
あっさりしつつも、まろやかさと深いコクあり。美味い!

見たらわかる。食べる前からわかる美味しいやつ!

実際、本当においしかった。大豆がまるごと入った豆乳だからこそ、まろやかさやコクのレベルが変わってるんだと思う。今まで使ってたマルサンの無調整豆乳もスッキリ、あっさりとして好きなんだけど、自分で作った豆乳の方が味わい深くて好き。

ジャガイモと一緒に豆乳スープを作っても絶対にワンランク上のスープになること間違い無し。

きにねこ
きにねこ

豆乳メーカーがあれば、豆乳を使った料理が作り放題。しかも、豆乳メーカーなら大豆をまるごと使うから栄養豊富。おからも一緒に飲めるから食物繊維は約11倍。カルシウムも1.2倍。栄養満点の豆乳だからこそ、味わい深いコクのある料理にもなるにゃ。

私が選んだのは日本の会社が販売している豆乳メーカーSOYMIL

公式サイトより

豆乳メーカーSOYMILは、東京都千代田区の株式会社SOYMILが販売する多機能ブレンダー

  • 乾燥大豆と水を入れるだけで豆乳が作れる全自動豆乳モード
  • ジャガイモや玉ねぎと一緒にポタージュが作れるスープモード
  • 角氷を使ったスムージー、攪拌だけのジューサーモード

と3つの機能を持つ。

豆乳メーカーとして使えるだけでなく、加熱調理しながらのミキサーやブレンダーとして使える優れた調理器具。実際、楽天市場の豆乳メーカー分野売上No1を記録するほどの大ヒット商品

豆乳メーカーを探していると、よくわからない怪しい中国ブランドの豆乳メーカーが多く見つかります。SOYMILは日本の会社が販売していることもあり、もしもの時の保証もしっかり対応。

きにねこ
きにねこ

全自動だから手間いらず、色んな用途で使える。見た目も可愛くて日本の会社が販売してる。という感じでSOYMILは本当におすすめしたい豆乳メーカー。しかも値段も税込9,900円というお買い得価格。高機能なのに安くて凄いにゃ。

豆乳メーカーSOYMILの見た目や使い方

では私も使ってる豆乳メーカーSOYMILを紹介。

SOYMILは白基調の可愛い円柱型。ミキサーっぽくないオシャレな見た目。

SOYMILの外見
蓋が付いてる
パカっと外せる

中を覗くと、大豆を攪拌するブレンダーが見える

後は乾燥大豆と水をMAXラインまで入れれば準備OK

大豆を入れて
水を入れて
準備ができた状態

入れる大豆の量は20g。水は豆乳メーカー内にあるMINライン175ml~MAX350mlの間まで入れること。濃い豆乳が好きな人は水を少な目に、さっぱり豆乳が好きな人は水を多めに入れると◎

操作ボタンは3つ。

豆乳モード、スープモード、ジュースモードが選べます。

操作ボタンは3つ
ボタンを押せば運転スタート

材料を入れて、ボタンを押すだけ。なんとも簡単。

1回で作れる量は最大350mlと他の豆乳メーカーと比べてやや少なめ。でも、その分本体はとても軽い。約940g程度なので片手で持って、コップに注げる。軽量だからとても使いやすい。

大きさも高さ21.5cm、横幅12.4cmとコンパクト。収納場所にも困らないし、見た目が可愛いのでキッチンに出しっぱなしでも◎。部屋の雰囲気を損なわない。

きにねこ
きにねこ

1回で豆乳を大量に作りたいという人に350mLは物足りないもしれませんが、扱いやすくコンパクトでおしゃれ。1~2人暮らし。1食分の豆乳が作れればOKな人にジャストミートなサイズ感。※一応、2回までの連続稼働はOK。1回の食事で700mlまで豆乳が使えるにゃ。

稼働音ですが、乾燥大豆をそのまま豆乳化するパワフルミキサー。なので、よくあるミキサーと同じくらい音は大きめ。SOYMILは特別静穏設計という訳では無いので注意が必要。

この稼働音はずっと続くわけではなく、ON、OFFが時間を置いて繰り返されます。取扱説明書の図表がとても分かりやすい。

取扱説明書より

ボタンを押すと、最初に少し攪拌した後、100度近くまで加熱。その後、攪拌、一時停止しての加熱。攪拌。一時停止しての加熱。といった形で約30~35分間加熱調理が行われます。

乾燥大豆も少し湯がかれた状態で攪拌。粗削り状態で加熱され柔らかくなる。そして攪拌・・。さらに小さくなり加熱され攪拌。と繰り返されることで、なめらからでコクのある豆乳が作れちゃう。おもしろい仕組み。

スープモードも動き方はほとんど一緒。

取扱説明書より

最初に少し攪拌した後、100度近くまで加熱。その後、攪拌、一時停止しての加熱。攪拌。一時停止しての加熱。といった形で約20~25分間加熱調理が行われます。

ジュースモードは40秒の攪拌、一時停止からの40秒攪拌。約2分間の動作。加熱は行わないため、牛乳、角氷、角切りフルーツを入れれば簡単にスムージーが作れちゃう。ミキサーやブレンダー感覚で使えるモード(水分は必要)

スープモードやジュースモードでどんな料理が作れるの?という人はこちらの公式レシピをチェック!

SOYMILの公式レシピより
きにねこ
きにねこ

記事執筆時点で33種類の公式レシピが紹介されていましたにゃ。季節に合わせたオリジナルレシピも続々追加されてているので、めちゃくちゃ料理の参考になるにゃ!

豆乳メーカーSOYMILのメンテナンスや掃除の仕方

豆乳メーカーSOYMILは使った後、他のミキサーと同じように洗いましょう!

  • フタのパッキンを外して、台所用洗剤で洗う
  • 本体中側は付属のクリーニングブラシを使って洗う。
  • 水と洗剤を入れて、ジューサーモードで約2分間洗浄運転
きにねこ
きにねこ

洗い方は取扱説明書にも書いあるんだけど、ヤユキさんの書いたSOYMIL(ソイミル)のブレンダーをレビュー!出来立て豆乳が自宅で飲めるも写真付きで分かりやすいので、掃除の仕方を詳しくチェックしたい人は参考になると思いますにゃ。

【日本製】豆乳メーカーSOYMILの購入の仕方

豆乳メーカーSOYMILは公式サイト、もしくは楽天市場で購入可能です。

また、豆乳メーカー本体だけでなく、大豆付きの豆乳キット、色んなフレーバーが楽しめるフレーバーキットも販売されています。

SOYMILブレンダー+プレーン豆乳キット2パック付き

プレーン、生姜、黒糖、ストロベリー、デーツ&イチジクの5種類キット

きにねこ
きにねこ

豆乳メーカーだけを購入するのも良いと思いますが、せっかくなら豆乳専用に作られた大豆も一緒に購入し、プロ顔負けの本格的な豆乳を体験してみるのがおすすめにゃ!

かくいう私も、せっかくなのでSOYMIL 国産大豆 飲み比べキット付きを選びましたにゃ。

飲み比べキット付きは豆乳メーカー本体だけでなく、5種類の国産大豆が付いてきます。

スーパーでは売っていない、豆乳と非常に相性が良い特別な5つの品種。

1.宮城県産 ミヤギシロメ
2.滋賀県産 みずくぐり
3.長野県産 一人娘
4.長野県産 ギンレイ
5.滋賀県産 近江青大豆

5種類の大豆がそれぞれ2パック。合計10回分の豆乳が作れます。

豆乳メーカーを使って、これから出来立て豆乳を自宅で楽しむといっても、どんな大豆を購入すれば良いのか?豆乳初心者には分からないですよね。

そんなときに活躍するのがSOYMIL飲み比べキット付き。

単純に色んな大豆の味わいを体験できる楽しさがあるだけでなく、好きな大豆が見つかれば、それを通販で大人買いする、なんてことも。色んな品種の大豆を使って、色んな味わいのある豆乳が楽しめるって素敵。

ちなみに、国産大豆セットの中にある「一人娘」という品種は”他人に教えられないほど美味しいの
で別名(他人に)「いうなよ」という名称がつくほど、美味しい豆”
だと言われています。

“枝がとても太く横に大きく広がる特性があるため、機械で刈取ることが難しく栽培には非常に手間のかかる品種であることから、あまり一般的には広く栽培されておらず、非常にレアな品種の豆”。甘みやコクがありとてもおいしいのが特徴。紹介元はこちら(PDFファイル)

大豆。意外と奥が深い。

きにねこ
きにねこ

自分で豆を選ぶのではなく、おすすめの豆を送ってほしい方向けに、SOYMIL公式サイトでは最高級の豆乳用大豆+毎月異なるお楽しみKIT+活用レシピが毎月届くマンスリープランもあります。気になる人はこちらも要チェック!

以上、【日本製】豆乳メーカーSOYMILが優秀。おすすめしたい理由とは?でした。

豆乳メーカーSOYMILのおすすめポイント

  • 下準備無しでいつでも美味しい出来立ての豆乳が作れる。
    乾燥大豆と水を入れて、ボタンをぽち。30分~35分後には完成!
  • 大豆まるごと豆乳だから、食物繊維11倍、カルシウム1.2倍と栄養満点
  • 1回で作れる量は350ml、2回連続なら700mlも作れちゃう。
    ワンランク上の味わい深い、豆乳を使ったアレンジレシピも作り放題
  • 豆乳だけでなく、ジャガイモや玉ねぎを使ったポタージュだってOK。
    角氷を使ったスムージーだって作れる多機能っぷり

SOYMILの愛用者は非常に多く、テレビでも取り上げられています。

きにねこ
きにねこ

忖度抜きで本当におすすめの豆乳メーカー。愛用者も多く、口コミも非常に優秀。気になる人はぜひ購入をおすすめするにゃ!

購入は下記のリンクから!

SOYMILブレンダー本体のみはこちら

SOYMILブレンダー本体+ 国産大豆 飲み比べキット付きはこちら

タイトルとURLをコピーしました