DMM FXでスキャルして口座凍結になった件!禁止情報まとめ

DMM FXでスキャルして口座凍結になった件!禁止情報まとめ投資
きにねこ
きにねこ

DMM FXはスキャルピングOKではなく、禁止?短時間売買を行った結果、口座凍結になった事例、また口座凍結の条件や規約を解説!スキャルピングによる口座凍結に怯えるぐらいなら別のFX業者を選択するのも1つの手。スキャルピングOKの代替え業者も紹介しているので参考にして貰えると嬉しいですね。

DMM FXでスキャルピングした結果、口座が凍結になった事例

私はDMM FXでスキャルピングを行うことは絶対にありません。なぜなら、DMM FXの口座は凍結されてしまい取引することができないからです(怒)

ちなみに今はスキャルピングOKの優秀なFX業者で取引しているので快適トレーディング生活に満足しています。

さて、自分と似たような境遇の人がいるのかな?と思い「DMM FXでスキャルピングした結果、口座が凍結されてしまった人」を探してみると結構見つかる。

やっぱり、DMM FXでスキャルピングは色んな意味で無い。

DMM FXは色んなブログやサイトで露出度高めで宣伝されているFX業者。

新規のトレーダー、口座開設者も多いため立派なサービスを提供しているのかな?と思いきやスキャルパーには厳しい態度。これは規約を確認しても見て取れます。

DMM FXはスキャルピング禁止。規約を解説

DMM FXはこちらのページでFX取引に関係する規約類を公開しています。

3つある規約の内、禁止行為などを記載しているのが「店頭外国為替証拠金取引約款(PDF)」です。重要部分を引用して紹介します。

第 7 条 (禁止事項)
1 お客様は、お客様が次の各号に定める行為を行ってはならないことに予め承諾することとします。なお、お客様の行為が当該禁止行為に該当するかどうかの判断は当社が行い、お客様は当社の判断に従うこととします。

(1) その方法を問わず、当社がサーバー上で提供する取引システム(ソフトウェアを含み、以下、「本取引システム」といいます。)を改変する行為
(2) FX 取引を自動で行うソフトウェア又はシステム等(以下、「自動売買ソフト等」といいます。)、本取引システム以外のツール等を使用した取引、その疑いのある行為、若しくは本取引システムを改変したシステムまたは自動売買ソフト等の利用を他の顧客に勧誘する行為
(3) 過度な投機的取引を行う行為
(4) 本取引システムで通常実行できないような取引を行う行為
(5) 取引の如何に関わらず本取引システム又は本取引システムの運用に対して過大に負荷を強いる行為
(6) お客様と当社の間で交わされた電子メール、電話、書簡等の内容を当社の書面の同意を得ずに公開、複製、転載、再配布、販売する行為
(7) 当社の役職員(当社の関連会社並びに業務を委託している相手方の役職員を含む。)に対する暴言、恫喝、脅迫、虚言、誹謗中傷、名誉を毀損する言動、業務を妨害する行為
(8) 本取引システムの脆弱性、当社又はお客様の通信機器、通信回線、システム機器等若しくはインターネットの脆弱性、インターバンク市場等の混乱等を利用して不当に利益を得ようとする行為
(9) 短時間での注文を繰り返し行う行為
(10) 取引とは関係がないと思われる入出金を繰り返し行う行為
(11) 他人名義(家族名義を含む)で口座開設の申し込みを行うことまたは他人名義の口座を利用して取引を行うこと
(12) 前各号のほか、当社とお客様または他のお客様との円滑な取引に支障をきたす行為
2 お客様が当社と行う取引について、前項の禁止行為が行われた場合、当社は事前の通知なく当該口座を凍結し、過去に遡り約定を無効とすることができるものとします。これにより不足金が発生した場合、当該不足金について当社はお客様に請求できるものとします。また、当該取引により当社が損害を被った場合は、お客様は当該損害に対し賠償責任を負うものとします。なお、当社は、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、約定の無効によりお客様に生じた損害につき、お客様に対して何らの責任も負担しないものとします。

DMM FX 店頭外国為替証拠金取引約款より

スキャルピングは(3),(5),(9)に該当する取引です。

ある日突然、DMM FXから一方的に口座を凍結されてしまっても、文句が言えません。さらに言えば短時間での取引でがっつり稼いでいた場合、その取引を無効化。無かったことにされる可能性もあります。

きにねこ
きにねこ

DMM FXはスキャルピングに向いたFX業者ではありません。無難に避けることをオススメします。

各FX業者のスキャルピングOK、禁止情報まとめ

ではどこのFX業者であればスキャルピングOKなのか?

秒スキャ含む、スキャルピングのOK、禁止情報を各FX業者別にまとめると次の通り。

FX業者スキャルピング(秒スキャ含む)備考
ヒロセ通商OK数少ないスキャOK業者
JFXOK数少ないスキャOK業者
FXTF 条件付きで禁止口座凍結報告有り
DMM FX禁止口座凍結報告有り、取引無効化
楽天FX禁止口座凍結報告有り
SBI FX条件付きで禁止口座凍結報告有り
外為どっとコム条件付きで禁止口座凍結報告有り
YJFX条件付きで禁止口座凍結報告有り
みんなのFX条件付きで禁止 口座凍結報告有り
OANDA条件付きで禁止 口座凍結報告有り
GMOクリック証券 条件付きで禁止口座凍結報告有り
各FX業者のスキャルピング可、不可一覧表

完全にスキャルピングOKのFX業者はヒロセ通商JFXのみ。 JFXヒロセ通商 の子会社なので取引コスト、取引環境はほぼ同じ。ただし、取引できる通貨ペアの種類が ヒロセ通商 50種類に対し、 JFX は26種類と少ない。

ヒロセ通商 の方が古くからある老舗FX業者ということもあり、ヒロセ通商の方が知名度も高く、使っているスキャルパーの数も多い。スキャルピングによる口座凍結の心配も無いため、スキャルピングするなら ヒロセ通商 がオススメ。

下記リンクより、ヒロセ通商がスキャルピングに向いている理由など、各種紹介しているので参考にして貰えると嬉しいですね。

関連記事:【最強】なぜスキャルパーはヒロセ通商を選ぶのか?凍結、禁止行為も解説

タイトルとURLをコピーしました