【実機写真有】KOORUIゲーミングモニター27E1Qを徹底レビュー!最強コスパ

5.0
【実機写真有】KOORUIゲーミングモニター27E1Qを徹底レビュー!最強コスパモニター
きにねこ
きにねこ

コスパ最強と名高いKOORUIゲーミングモニター27E1Qを購入しました。確かに、27インチ大画面×QHD解像度×IPSパネルの最強液晶に加え、リフレッシュレート144Hz、応答速度1msはコスパ最強でした。KOORUI 27E1QでFF14をプレイしてみましたが、映像綺麗で動作も快適。まじでオススメしちゃう。もう完全に宣伝ページですが、KOORUI 27E1Qnの魅力を紹介したい。

KOORUI ゲーミングモニター 27E1Qを購入しました。

今回買ったモニターはこちら。

液晶サイズ27インチリフレッシュレート144Hz
パネル種類IPS応答速度1ms(GtoG))
解像度QHD 2560 x 1440可変リフレッシュレートFreeSync/G-Sync対応
色域DCI-P3 90%
sRGB 100%
機能ブルーライト軽減
フリッカーフリー
視野角水平178°、垂直178°輝度300cd/㎡
端子HDMI 1.4×1
HDMI 2.0×1
Displayport 1.2×1
Audio out×1
スタンド機能
可動域
高さ(110mm)
チルト(-5~20°)
左右(18°)
ピボット(90°)
ゲームモードクロスヘア、タイマーなどモニターアーム75mm×75mm対応
KOORUI ゲーミングモニター 27E1Qの性能
きにねこ
きにねこ

ぱっと見て分かる通り非常に優秀なスペック。これで2万円ちょっとの価格。凄すぎます。大きな画面でゲームを快適に楽しみたい。仕事や作業も効率的に作業できるモニターが欲しい。という私のハートを完全に射貫きました。なので購入。

どんな画質なの?と先に画質を見てみたい人向けに、先にFF14をプレイしてみた写真を紹介。

27E1QでFF14をテストプレイ
27E1QでFF14をテストプレイ
27E1QでFF14をテストプレイ
27E1QでFF14をテストプレイ
きにねこ
きにねこ

ね?めちゃくちゃ画質いいでしょ。この画質が27インチ大画面にどーん!と表示される感覚。控えめにいって最高。もちろん映画なんかもすっごく綺麗でしたにゃ。

KOORUIゲーミングモニター27E1Qの開封、組み立て

KOORUIゲーミングモニター27E1Qは少しだけ組み立てが必要です。

まずは届いた段ボールから液晶パネルなど部品を取り出していく。

梱包ケース
液晶面も綺麗

段ボールはシンプル。高価なカラー印刷された段ボールではありません。おそらく、経費削減のためシンプルなものにしているのでしょう。状態は非常に良好。シンプルだけど安っぽくなく、厚みも十分。

汚れや凹みなど全くなく、丁寧に取り扱われていました。液晶面も非常にきれい。傷や指紋がないのはもちろんのこと、ドット抜けも確認できませんでした。

ベゼル部はAmazonの販売ページ通り、非常に極細。

上・左・右のベゼルはほぼ無し。
底面は17mmほどの厚み。許容範囲内。

モニターの設定ボタンは右下にありました。

メニュー、左、右、エンター、電源の5つボタン。非常にシンプル。

一応、オリジナルで色調をカスタマイズできるようになっていましたが、このゲームはこの設定、このゲームはこの設定。というようにゲームタイトルごとに設定を記憶することは不可。映画、FPS、RTSとったざっくりな括りで変更することは可能。

オーバードライブ、FreeSync Premium、照準器、MPRT、タイマー、HDRなどの機能も搭載。

次に裏面をチェック。

裏面
モニターアームを取り付けるネジ穴

裏面もシンプル。ゲーミングモニターというとキラキラ光るLED付きのモデルをよく見かけますが、KOORUIゲーミングモニター27E1Qはなし。質実剛健のようなゲーミングモニター。余計な装飾はいらないからその分価格を安くしてほしい。という私向け。

モニターアームの取り付けに使うネジ穴間隔は75mm×75mmでした。おまけに、凹み部にネジ穴があるため、「モニターアームはちゃんと付けられるの?」と心配しましたが、ちゃんとスペーサーが付属していました。

取り扱い説明書と一緒にスペーサー×4個

試しに取り付けてみるとこんな感じ。これならモニターアームも取り付けできるね。

スペーサー取り付け
凹み形状より上にネジ穴がくる

私は付属のスタンドを取り付けて使う予定なので、スペーサーを外しスタンドを準備していく。

まずはスタンドの組み立て。

スタンドの組み立て
2つをはめ込み
ネジを回す

ベース部分とポール部分をはめ込み、底部のネジを回すだけ。超簡単。

ちなみに、スタンドには電源ケーブルなどを這わしたり、まとめたりするホルダー的なものはなし。配線はモニター裏からすっと下に落ちる感じ。ピボット(縦表示)対応のモニターなので、配線スッキリは構造的に難しかった様子。

配線周りはこんな感じ。HDMI1.4×1、HDMI2.0×1、DP×1、音声出力×1。モニターに付いてくるケーブルはDPケーブルなので、HDMIケーブルが必要という人は別途準備しておくと良し。

ではスタンドを液晶本体に取り付けていく。

スタンドの根本
裏面にぱこっとはめる。

このネジがいっぱい見える特徴的なスタンドの根本。これも余計な装飾せず、コストカットをするためですね。取り付けてしまえば見えない場所なので、こういうので良いんですよね。装飾よりもコストカット優先!

モニター裏のひっかけ部とうまく合うようにセットし、ぱこっと取り付け。これで組み立てが完了ですね。※取り外しはボタン1つで可能

机にセットする前にモニターの高さや可動域をチェックしていく。

一番高くしてみる
一番低くしてみる
右に角度をつける
左に角度をつける
縦表示にしてみる

正直ね。しっかり動くし、液晶も非常に安定しています。

安いスタンドだと机の揺れがそのまま液晶に伝わるほど固定力が弱く、作業に集中できないものもあります。KOORUIのスタンドは固定力しっかりで安心。

机にセット

机に置いてみてもいい感じですね。※私の場合、高さは一番下にセット。

そして試しにゲームをプレイしてみる。まぁーほんと非常に綺麗。高画質。

肝心のリフレッシュレート144Hz、応答速度1msも実感できる水準。

マウスカーソルさえ明らかに滑らかに感じるレベル。最高。

きにねこ
きにねこ

梱包状態もいいし、組み立ても簡単。シンプルな作りでコストを抑え、肝心の液晶性能は必要十分。質実剛健(中身が充実して飾り気がなく、心身ともに強くたくましいさま。)とはこのことだと思います。

KOORUIゲーミングモニター27E1Qのメリット、良い点

改めて、スペック表からわかるKOORUIゲーミングモニター27E1Qのメリット、良い点を解説。

IPSパネル採用で画質が非常に良い。

KOORUIゲーミングモニター27E1QはIPSパネルを採用しています。

VAパネルと比較し、色再現性が高いため原作通りの忠実な画質。TNパネルと比較し、視野角が広いため画面隅の色むらなどもなし。

IPSパネルは”どんな用途でも使える万能モニター”ですが、高いリフレッシュレート、応答速度を持ったIPSパネルは値段が高くなるのがネック。なんですが、27E1QはちゃんとIPSパネルでしたし、価格が安い。この値段で出したらライバル会社勝てへんよ?というレベル。

QHD(WQHD)解像度だから作業領域が1.77倍広い

KOORUIゲーミングモニター27E1QはQHD(WQHD)解像度。

画素数はFHDモニターの1.77倍。高解像度・広作業領域。もうFHDモニターを2枚置いた場合と同じくらいの作業領域と言ってOKです。FHDモニター2枚で表示できる領域が1枚のモニターに収まって見えるとかコスパ最強。

おまけに27インチの大画面なので文字が小さくなって見えにくい。なんてこともなし。丁度いい大きさ。

ゲーミング性能が144Hz、1msと高い。可変リフレッシュレートにも対応

リフレッシュレートは144Hz。一般家庭で使うゲーム用モニターと考えれば十分高性能。

応答速度も1msと合格。ゲーミングモニターと呼んでいい水準。

きにねこ
きにねこ

高リフレッシュレート、高応答速度=、”映像飛びが少なく、残像感やブレが非常に少ないゲーム体験が可能”

もちろん可変リフレッシュレート、AMD FreeSync Premiumuにも対応。

きにねこ
きにねこ

KOORUIゲーミングモニター27E1Qのゲーミング性能は高いぞ。

中国メーカー直送だから価格が非常に安い

http://www.szhk.com.cn/より

KOORUIは中国のHKC(惠科股份有限公司)がAmazonへ直接出荷しているメーカー直のモニターブランド。

間に卸会社が入っていない分、流通コスト、管理コストが非常に低く抑えられています。通販での販売に非常に力を入れているため、既存有名ブランドのように「あんまり安く販売すると、家電量販店との関係が悪くなる・・・。」という心配もなし。通販でも大胆な価格設定が可能。

HKC(惠科股份有限公司)は創業20年以上の歴史を持つ大企業。保有工場は8拠点もある中国指折りのモニターメーカー。ちなみに2017年に2工場、2018年に1工場、2019年に1工場と毎年のように稼働工場が増えています。従業員は2,000名以上、知的財産は10,000件以上、輸出先は世界100か国以上。

有名ブランドのOEM生産で培ったノウハウを生かし、独自ブランドとともに最近日本に進出。中国本土では23.6インチ~32インチクラスのモニターだけでなく、58インチクラスのUHDモニターも人気。

きにねこ
きにねこ

間に余計な会社をはさまず、メーカーが消費者にそのままお届け。そりゃ安くなるわけだ。すごいぞKOORUI。

メーカー公式サイト(中国語)

他のQHDモニターと比較しても性能は同じ

「あまり安いと、安かろう悪かろうでしょ?」と疑問を抱く人もいるかもしれません。

大丈夫。もともと有名ブランドの下請け生産していた会社ですし、品質は有名ブランドと同じと言ってOK。メーカー紹介動画(中国語、中国サイト)を見ればわかりますが、LGやHP、サムスン、三洋、富士通、パイオニアなどなど超大手メーカーとも取引しています。

そこらのQHDモニターと比較し、値段が1万円以上安いものの、品質は確かです。実際にFF14をプレイしてみてもわかる。これはいいやつでした。

ただし、KOORUIゲーミングモニター27E1Qはシンプルにゲーミング性能と価格を追い求めたモデル。コントラストが2000:1もある。とか、質感やデザインがかっこいい。といった付加価値はなし。

値段が高くても良いから、VESA DiplayHDR800対応といった上位モデルが欲しい。という人は少し待ちましょう。次期に高付加価値・上位モデルも日本で販売されると思います。

KOORUIゲーミングモニター27E1Qレビューまとめ

  • 噂通りのコスパ最強27インチ×QHDモニター
  • リフレッシュレート144Hz、応答速度1ms、可変リフレッシュレート対応と高性能
  • IPSパネル採用で映像が綺麗。実機もドット抜けなく、色むらなし。
  • 中国メーカー直だからこそ成せる低価格。コスパは圧倒的
  • デザインはシンプル。きらきら光るLED付きが欲しい人向けではなし。
  • 質実剛健モニター(中身が充実して飾り気がなく、心身ともに強くたくましいさま。)
  • もともと有名メーカーの下請け工場だったので品質は〇
きにねこ
きにねこ

普通に買ってよしでした。私は超気にっています。実はDELL製の4万円超えの27インチQHDモニターを買おうと思っていましたが、KOORUIにしてよかった。

タイトルとURLをコピーしました