Acer KG221QAbmixをガチレビュー、正直オススメはしない

Acer KG221QAbmixをガチレビュー、正直オススメはしないモニター
きにねこ
きにねこ

Acer KG221QAbmixってすごく安いゲーミングモニターだけど買って大丈夫?そんな疑問に答えられるよう、ガチでレビューしていきます。結論から言うと、安さは最強だけど、ゲーミングモニターとしてはさすがに性能が低すぎ。もうちょっと良いやつを買った方が良い。正直にレビューしていくのでモニター選びの参考にしてほしいです。では早速!

Acer ゲーミングモニター SigmaLine KG221QAbmix

画面サイズ 21.5インチモニターアーム対応
用途ゲーミングVESAマウント100mm×100mm
リフレッシュレート75Hzスピーカー1W×2個
応答速度1ms (GTG)モニター重量
(スタンド有り)
3.36kg
接続端子HDMI1.4×1
VGA(D-sub15) ×1
3.5mmステレオミニジャック×1
モニター重量
(スタンド無し)
3.01kg

とにかく、値段の安さが特徴的なゲーミングモニター。ゲーミングモニターという名前が付いていながら、値段が16,980円前後(記事執筆時点)。間違いなくゲーミングモニター最安水準。

その値段の安さからAmazonのゲーミングモニター売れ筋ランキングでもランクインするほどの人気。

きにねこ
きにねこ

ただし、個人的にはオススメしないゲーミングモニターの1つ。確かに安いけど、これだと他のプレイヤーとの差は埋められないどころか、広がる一方です。正直にレビューしていきます。

リフレッシュレートが75Hzと低い。

1秒間に何回新しい画像を表示できるかを示す「リフレッシュレート」。高ければ高いほど、動きのある映像もぬるぬる動く。

少し前の2020年ぐらい。ゲーミングモニターの平均的なリフレッシュレート144Hzでした。ただし、2021年のモデルチェンジで各社アップグレード、144Hzの旧モデルは販売終了し、リフレッシュレート166Hzが標準となるよう販売ラインナップを見直ししました。

値段据え置きで、流通するゲーミングモニターのリフレッシュレートが144Hz→166Hzへと変化しています。

そんな中、KG221QAbmixのリフレッシュレートは75Hz。

一般家庭用の普通のモニター、ビジネスで使われるモニターと同じスペック。ちょっとゲーミングモニターとは呼べない白物です。1分回に166回映像が更新されるモニターと、75回しか更新されないモニターを比較すれば、どっちが快適にゲームできるかは明らかです。

輝度、コントラストも弱い

モニターの明るさを示す輝度は200cd/㎡。数々のモニターのレビューを行ってきた私でも始めてみる数値です。

標準的なモニターの輝度は300cd/㎡~400cd/㎡。 さすがに輝度200cd/㎡モニターが暗いかな。と感じるレベル。夜間はあまり気にならないかもしれませんが、日中、太陽が出ている時間だと明るさに物足りなさを感じる人も多いはず。

モニターの輝度が低すぎると、外部照明の映り込みもひどくなるため、それなりの輝度は確保したい所。

また標準的なコントラスト比も600:1と低い。コントラストが低いと明暗部がぼやけて見え、映像のリアル感、立体感が再現できません。

コントラストが低い画像
コントラストが低い画像の例
コントラストが高い画像の例

標準的なモニターのコントラストは1000:1。このぐらいの水準は欲しいところ。

スピーカーの出力も1W×2個と低め

Acer KG221QAbmixはスピーカー内蔵モデル。

ありがたいものの、そのスピーカーの出力1W。ちょっと弱い。もちろんウーファーなども付いていない為、低音の出力も弱い。全体的に軽い音声です。

ヘッドホン端子が付いているため、そこにPCスピーカー売れ筋ランキングなどから人気の外付けスピーカーを取り付けた方がいいと思います。それか、最低でも2W以上のスピーカーが内蔵したモデルが良い。

Acer KG221QAbmixの代替え候補のモニター

とりあえずゲーミングモニター売れ筋ランキングにランクインするようなゲーミングモニターであれば、基本的なスペックは満たしているものが多い。

そんな中でもAcerから変わりのモニターを選ぶなら、KG251QJbmidpxをオススメしたい。

Acer ゲーミングモニター SigmaLine 24.5インチ KG251QJbmidpx

画面サイズ 24.5インチモニターアーム対応
用途ゲーミングVESAマウント100mm×100mm
リフレッシュレート165Hzスピーカー2W×2個
応答速度1ms (GTG )/ 0.6ms (GTG, Min.)モニター重量
(スタンド有り)
4.2kg
接続端子HDMI 1.4 x1
DVI-D (Dual Link対応) x1
DisplayPort v1.2 x1
3.5mmステレオミニジャック×1
モニター重量
(スタンド無し)
3.7kg

確かに値段は少し上がってしまうものの、先ほどの問題は全てクリア。

リフレッシュレート:75Hz→165Hzとなり、画像更新頻度抜群
輝度:200cd/㎡→400cd/㎡でモニターも明るい。
コントラスト比:600:1→1,000:1で映像が美しい。
スピーカー出力:1W→2Wへ倍増。音もしっかり。

きにねこ
きにねこ

完全な上位互換といって良い。買うならこっちが絶対オススメ。

もし、それでも値段がネックなのであれば、とりあえずゲーミングモニター売れ筋ランキングをチェック。ランクインするようなゲーミングモニターであれば、基本的なスペックは満たしているものばかり。

タイトルとURLをコピーしました