【比較】タイガーのうまパントースターとバルミューダの違いを比較!

【比較】タイガーのうまパントースターとバルミューダの違いを比較!オーブントースター
きにねこ
きにねこ

タイガーのうまパントースターとバルミューダトースター。どっちを購入すべきなのか?その違いを比較しました。結論から言うとおいしくパンを焼くならバルミューダの圧勝、コスパ・実用性重視ならうまパントースター、早速違いを比較していきましょう!

タイガーのうまパントースターとバルミューダ比較

それぞれ2枚焼きモデルで比較。

タイガー魔法瓶(TIGER) オーブントースター うまパントースター

バルミューダ ザ・トースター スチーム ブラック BALMUDA The Toaster K05A-BK

うまパントースターとバルミューダ比較表

単純にスペックを比較するとこんな感じ。

項目うまパントースターバルミューダ
目安価格5,000円25,000円
本体サイズ幅35.4×奥行34.4×高さ24.2 cm幅35.7×奥行32.1×高さ20.9 cm
庫内有効寸法幅30×奥行27.5×高さ10cm幅27.4×奥行20.4×高さ17.8cm
ブラック、ホワイト、レッドブラック、ホワイト、ベージュ、グレー
タイマー最大30分最大15分
消費電力1300W1300W
温度調整80度~250度調整~230度
本体重量4.2kg4.4kg
付属品目の小さな焼き網
受け皿トレー1枚
普通の網
5ccカップ
機能奥行もある広々庫内。ピザも丸々入るスチーム機能搭載
こんがり倶楽部とうまパントースター比較表

これだとちょっと味気ない比較。違いも分かりにくい。そこでポイントを抜粋して解説。

価格や使い勝手優先ならタイガーのうまパントースター

タイガーのうまパントースターは値段が5,000円前後とめっちゃ安い。トースターにどこまでの機能を求めるのか?によるものの、そこまでこだわりが無いなら、タイガーのうまパントースターで十分である。

庫内の奥行きがバルミューダと比較し、7.1cmも広い27.5cm。チルドのピザだって、切らずにそのまま焼ける奥行き。非常に使い勝手がいい。

チルドピザの標準サイズは23cmなので、バルミューダで1枚まるまる焼くのは不可。半分づつ焼く必要があります。

またうまパントースターは80度の低温域から250度まで温度指定できるため、ローストビーフといった温度管理が必要な食材も焼くのが得意。

バルミューダはパンを焼くことに特化しているため、温度調節のダイヤルが特殊。

  • トーストモード
  • チーズトーストモード
  • フランスパンモード
  • クロワッサンモード
  • 170度、200度、230度

という感じで低温で焼くことは不可。

きにねこ
きにねこ

価格が安く、庫内が広い、温度調整が細かくでき、低音調理もできるうまパントースターはコスパ・実用性重視だぞ。シンプルに良いトースター。

パンをおいしく焼くならバルミューダに軍配

バルミューダのトースターは”スチーム機能”とパン専用の温度制御機能”を搭載。焼き上がりは他のトースターと全く異なる仕上がりです。

公式動画:BALMUDA The Toaster | スチームテクノロジー

バルミューダのパン専用温度制御

BALMUDA The Toasterは、3つの温度帯を細かく制御します。パンの中のやわらかさと風味がよみがえる(デンプンのα化)60℃前後の温度、表面がきつね色に色づき始める160℃前後の温度、そして焦げつき(炭化)が始まる220℃前後の温度帯です。また、パンの種類によって異なる食感と香りのバランスを考え、各モードごとに上面と下面のヒーターの強さを設定。感動の焼き上がりを実現します。

バルミューダ公式サイトより引用
バルミューダ公式サイトより
きにねこ
きにねこ

実際、これ美味しいの?という疑問が沸いたので、リアルな口コミで定評のTwitterで購入者の評価を確認しました。やっぱり、、めっちゃおいしいらしい!

きにねこ
きにねこ

パンのおいしさは断然バルミューダ。これは覆らない事実。タイガーのうまパントースターは名前こそ美味しそうな名前ですが、特別な機能はありません。設定した温度で焼き続ける普通のトースター。

うまパントースターの目の小さな焼き網トレーは地味に便利

うまパントースターの焼き網トレーは「お餅も焼ける目の小さな網」

公式サイトより

何が素晴らしいって、チキンナゲットやドーナツ、海老の天ぷら、唐揚げなどなど、細い食材が絶対に下に落ちない

私はトースターで結構色んなものを、アルミホイルも敷かずに焼きます。そっちの方が余分な脂が落ちて、カリカリで美味しいので。でも、普通のトースターだと隙間が大きくて、結構な確率で下に落としてしまいます。頑張って救出するのが大変。

うまパントースターは標準で目の小さな網トレーが付いている。これは個人的に嬉しいポイント。※バルミューダは一般的な物が落ちやすい焼き網。

低温じっくり調理もうまパントースターに軍配

うまパントースターの温度幅は80度~250度。タイマーは30分。
バルミューダの温度幅は170度、200度、230度の3つ。タイマーは15分。

高温調理はどちらもほぼ同じ。低温じっくり調理ならうまパントースターの勝ち

例えば、分厚い肉の芯まで、じっくり火入れする必要があるローストビーフ。間違いなく「うまパントースター」の方が上手に失敗せずに作れます。

下味を付けたもも肉をアルミホイルに包んで、80度で30分タイマー×2回。これだけでパッサパサではなく、ジューシーな低温調理ローストビーフが作れる。

きにねこ
きにねこ

トースターとしての見た目、オシャレ具合、パンのおいしさは圧倒的にバルミューダ。実用性・失敗の少なさ、汎用性を優先するなら「うまパントースター」

トースターにどこまで求める?

タイガーのうまパントースターと、バルミューダーのトースターは方向性が全く異なります。

タイガーのうまパントースター・・・パンを焼くだけのトースターというより、色んな食材を低温~高温まで幅広い温度で調理できるアイテム。庫内も広く使い勝手が良く、価格が安い。オーブンやグリルを持っていない人におすすめできる万能トースター。

バルミューダのトースター・・・パンをおいしく焼くことに特化。これは他のトースターと比較して頭何個分も抜きんでています。ただし、他の調理はやや苦手。「トースターはパンをおいしく焼くアイテムであるべき、オーブンやグリルは別の調理器具を使う」という方にオススメ。

きにねこ
きにねこ

一番良い料理環境はキッチンにバルミューダーのトースター、オーブン・グリル機能を持った電子レンジの2つ置き。これが間違いなく最強。あとはお財布と相談です!

タイガー魔法瓶(TIGER) オーブントースター うまパントースター

バルミューダ ザ・トースター スチーム ブラック BALMUDA The Toaster K05A-BK

項目うまパントースターバルミューダ
目安価格5,000円25,000円
本体サイズ幅35.4×奥行34.4×高さ24.2 cm幅35.7×奥行32.1×高さ20.9 cm
庫内有効寸法幅30×奥行27.5×高さ10cm幅27.4×奥行20.4×高さ17.8cm
ブラック、ホワイト、レッドブラック、ホワイト、ベージュ、グレー
タイマー最大30分最大15分
消費電力1300W1300W
温度調整80度~250度調整~230度
本体重量4.2kg4.4kg
付属品目の小さな焼き網
受け皿トレー1枚
普通の網
5ccカップ
機能奥行もある広々庫内。ピザも丸々入るスチーム機能搭載
うまパントースターとバルミューダ比較表
タイトルとURLをコピーしました