【比較】象印のこんがり倶楽部とAladdin(アラジン)のトースター違いを比較!

【比較】象印のこんがり倶楽部とAladdin(アラジン)のトースター違いを比較!オーブントースター
きにねこ
きにねこ

象印のオーブントースター「こんがり倶楽部」とAladdin(アラジン)のグラファイトトースター。どっちを購入すべきなのか?その違いを比較しました。実はそれぞれ焼き方に明確な違いがあります。購入の参考になると嬉しいですね!では早速。

こんがり倶楽部とAladdinのトースター比較

まずはそれぞれ、2枚焼きモデルで比較。

こんがり倶楽部は「サクふわトースト付き」、Aladdinはシンプルなグラファイトトースター。

象印 オーブントースター こんがり倶楽部 サクふわトースト

Aladdin (アラジン) グラファイト トースター 2枚焼き

こんがり倶楽部とAladdinの2枚焼きトースター比較表

単純にスペックを比較するとこんな感じ。

項目こんがり倶楽部Aladdin
目安価格13,500円12,000円
本体サイズ幅33.5×奥行29×高さ26cm幅35×奥行29.5×高さ23.5 cm
庫内有効寸法幅27cm×奥行23.5×高さ11cm幅31×奥行23.5×高さ8.7cm
ブラックのみホワイト、グリーン
タイマー最大30分最大15分
消費電力1032W1250W
温度調整80度~250度調整100度~280度
本体重量4.7kg3.4kg
付属品目の小さな焼き網
受け皿トレー1枚
普通の焼き網
受け皿トレー1枚
機能温度調整でじっくり焼く「サクふわトースト」
扉が外せて洗える
遠赤グラファイトで0.2秒で高温
早く熱く調理するのが得意
こんがり倶楽部とAladdinの2枚焼きトースター比較表

これだとちょっと味気ない比較。違いも分かりにくい。そこでポイントを抜粋して解説。

じっくり焼くならこんがり倶楽部。こんがり焼きならAladdin

こんがり倶楽部の消費電力は1032W、対してAladdinは1250W。最大火力はAladdinの方が上です。

Aladdinはその火力と、遠赤グラファイト機能により、高温で一気に焼き上げるのが得意。焼き上がったトーストは外はカリッと、中は水分が残りしっとり。「ガリっふわもち」といった強い食感を生み出す。

焼き時間も短くなるため、時間の無い朝にはぴったりのトースターではあるものの、高温で一気に焼き上げる為、目を離すと焦げてしまうので注意が必要。

きにねこ
きにねこ

Aladdin最大の特徴は火力の強さ。高温で一気に焼く作業は慣れないと失敗することもあります。火力を落としていつも通りのトースター感覚で焼くこともできますが、それだとAladdinを選ぶメリットが無くなります。

対してこんがり倶楽部は常に一定の温度で焼き続けるのではなく、サクッと層を作る温度域を長く維持することで、食感が非常に良いトーストが仕上がる「サクふわトースト」を搭載。次の公式動画(2分35秒)でも詳しく紹介されています。

【公式】オーブントースター ET-GM30 商品説明動画 【象印マホービン公式】

YouTubeより

トーストをじっくり、じっくり、美味しく育てるように焼く。これがこんがり倶楽部の特徴。

トーストだけでなく、揚げ物やドーナツ。なんでもじっくり温め、サッくり食感を作るため、ズボラ主婦にも非常に人気。

きにねこ
きにねこ

焦がしてしまう。という失敗を避けつつも、サクっという食感を作りたいなら、こんがり倶楽部のほうが簡単・お手軽なのは間違いない。

こんがり倶楽部の目の小さな焼き網トレーは地味に便利

こんがり倶楽部の焼き網トレーは「お餅も焼ける目の小さな網」

公式サイトより

何が素晴らしいって、チキンナゲットやドーナツ、海老の天ぷら、唐揚げなどなど、細い食材が絶対に下に落ちない

私はトースターで結構色んなものを、アルミホイルも敷かずに焼きます。そっちの方が余分な脂が落ちて、カリカリで美味しいので。でも、普通のトースターだと隙間が大きくて、結構な確率で下に落としてしまいます。頑張って救出するのが大変。

こんがり倶楽部は標準で目の小さな網トレーが付いている。これは個人的に嬉しいポイント。※Aladdinは一般的な物が落ちやすい焼き網。

きにねこ
きにねこ

ちなみに「こんがり倶楽部」はとびらをすっぽり外して洗えます。いつでもお手入れ楽々、清潔にできるのも嬉しいポイント。

低温じっくり調理もこんがり倶楽部に軍配

こんがり倶楽部の温度幅は80度~250度。タイマーは30分。
Aladdinの温度幅は100度~280度。タイマーは15分。

高温、短時間調理はやっぱりAladdinの方が優れています。が、低温じっくり調理ならこんがり倶楽部の勝ち

例えば、分厚い肉の芯まで、じっくり火入れする必要があるローストビーフ。間違いなく「こんがり倶楽部」の方が上手に失敗せずに作れます。

下味を付けたもも肉をアルミホイルに包んで、80度で30分タイマー×2回。これだけでパッサパサではなく、ジューシーな低温調理ローストビーフが作れる。

Aladdinでも出来ないことはないものの、0.2秒で即高温になってしまう、遠赤グラファイト機能が逆に邪魔。タイマーも15分しかないので何回もセットする必要がある。

ゆっくり加熱し、ゆっくり中心部にまで熱を伝えるならどうしても「こんがり倶楽部」が良い。

きにねこ
きにねこ

トースターとしての見た目、オシャレ具合は圧倒的にAladdinですが、実用性・失敗の少なさ、汎用性を優先するなら「こんがり倶楽部」

こんがり倶楽部とAladdinなら、こんがり倶楽部をオススメする。

見た目優先なら間違いなくAladdin。でも、焦がしてしまうといった失敗も多いトースターなため、私は買うならこんがり倶楽部をオススメします。

2枚焼きサイズならこちら→象印 オーブントースター こんがり倶楽部 サクふわトースト

4枚焼きサイズならこちら→象印 トースター オーブントースター こんがり俱楽部 トースト 4枚焼き サクふわトースト

関連記事:【30秒で分かる】象印のこんがり倶楽部の違いまとめ! 一番のおすすめ機種は?

タイトルとURLをコピーしました